FXとは、外国為替証拠金取引のの略で、Forex(フォレックス)とも呼ばれています。
一定の保証金を元手に、為替差益と利子を狙うのがFX(外国為替証拠金取引)です。
FX入門塾TOP > FX基礎知識
FX基礎知識
fx-nyumon.com

外国為替を始めていくと、普段使わないような用語が出てきたりすることがあり、困ってしまうと思います。
そのためにここでは、FXの基礎的な用語についていくつか説明していきます。
レバレッジ
fx-nyumon.com

レバレッジとは日本語で「てこの原理」という意味があり、てこを応用し、小さな力で重たいものを動かすことです。
そして、FXでいうレバレッジにも同じような意味があり、小額のお金で高額の取引を行うことがレバレッジになります。
「レバレッジをかける」や「レバレッジを○○倍で取引する」などという言い方をします。
ただ、レバレッジを高くすればするほど、大きな金額を動かすことが出来ますが、これはハイリスクハイリターンとなるため、稼げると同時に損をする可能性も同じぐらいにあります。そのため、リスクを考えながら自分にあったレバレッジをかけていくことを心がけましょう。
取引通貨単位
fx-nyumon.com

FXには「取引通貨単位」というものがあります。
では、ドルを1ドル100円で取引する場合を例としてあげてみましょう。
【例】
・10万円通貨を取引する場合
10万通貨×100円=1,000万円
・1万円通貨を取引する場合
1万通貨×100円=100万円

例のように、取引する時の通貨単位が大きいほど扱う金額が大きくなるため、ほとんどのFX業者では、基準となる取引通貨単位が儲けられています。そして、その単位以下の取引は行えません。
現在は1,000通貨からの取引が可能な業者もありますが、多くの業者は10,000通貨単位の取引からになります。
レバレッジ100倍であれば1万円分の証拠金、10倍であれば10万円分の証拠金で取引が行えます。このように、FXでは取引する際に、通貨の取引単位に合わせて証拠金とレバレ
ッジ設定をし、取引していくことになります。
スワップ金利
fx-nyumon.com

スワップ金利とは、異なる2種類の通貨を売買することによって生まれる金利差のことです。
通貨を交換する取引ならば当然、金利も交換することになります。ただ、各国の金利は異なるので、買った通貨の金利を受け取る権利と、売った通貨の金利を支払う義務が同時に生じます。そのため、差額分がスワップ金利として清算されます。
金利の安い通貨と金利の高い通貨を買えば、金利差の差額分をスワップ金利として受け取ることができ、また、金利の高い通貨で金利の安い通貨を買えば、金利差の差額分をスワップ金利として支払わなければなりません。
簡単に言うと、スワップ金利は外貨預金の利息に相当するものだと思って頂いてよいと思います。
あと、スワップ金利は「金利」ではないので、スワップポイントともいいます。ただ、スワップ金利とスワップポイントは同じ意味になるので呼び名としてはどちらでも大丈夫です。

ここで説明した用語以外にもいろいろな用語がありますが、この3つの用語が多く使われる基礎的な用語になります。
FX独り言ブログ
fx-nyumon.com

PR
fx-nyumon.com



Copyright (C) 2010 FX入門塾 All rights reserved.
当サイトの掲載内容には万全を期していますが、ユーザー様が当サイトのページをご利用した事により発生する、直接的および間接的損害に関しては当社は一切の責任を負いかねます。